やっと(あおい)

 2005-02-28
24でようやく初段に到達。

3月中に後50~100くらいは上げたい。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

誰かネタを(あおい)

 2005-02-26
某大学出身の阪神の投手がスピード違反していたらしいですね。

最近特にネタが無い・・・。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

朝寝て夜起きる(あおい)

 2005-02-25
久々の日記。

最近の迷惑メール

お初でございまぁす☆いきなりメールしてごめんなさい!あおいって言います。
以下略

ちょっとドキッとした。

も一つ

件名 ママさんバレーチームからのメールです

当方は週末や平日夜に集まり、バレーボールを楽しむスポーツチームです。
(中略)日常の不満や夫との不満を語っているうちに、男性との合コンをセッテングする場となっていました。

ボクの趣味を見越してメールを送ってきたのかと勘繰ってしまう。

最近は夜中に将棋ばっかり指しています。
Rも300上がりました。
もともと点数が高くなかったので、もう少し上げたいな~と。
春休み中に後100は上げておきたいな。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

なぎさまち(あおい)

 2005-02-18
今日からセントレア始動ですね。
津からも船が出ているらしいです。
実家から自転車で十数分くらいで行けそうな所にあるみたいですけど、あまり知りません。
もうちょっと料金が安ければ1回くらい乗ってもいいかな~とは思うんですけど。
片道1890円・・・。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

逆襲(あおい)

 2005-02-16
ボクは精神安定度に欠けるようです。まあ分かっていましたが。

新しくメガネを買いました。
視力を測ってみたら、左眼が右眼の悪さに近づいていき、乱視も加わったとの事。
次にみんなと会う時はニューメガネです。

結論 ニューメガネはダテじゃない!
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

ネタ不発(あおい)

 2005-02-16
奇人氏を含め5人が集まった。
ボクはほとんど寝ていなかったのであまり指さなかったが。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

代表校続々(あおい)

 2005-02-13
3桁の引き算で3問繰り下げを間違えたあおいです。
いやー歳取りましたね。速く正確に出来なくなりました。
公文式が泣いています。

いつぞやの続き、その6は明日書こうかのう。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

ボクが選んだ一本の道(あおい)

 2005-02-11
会いたい時に 会いたいと言える
弱さを持っていて
朝陽にひかり
こぼれる太陽の花 (ひまわり) の涙
乾いたら

Shinin' in the sunlight
きっと幸せの種はたくさん
風に乗り 誰かのもとへ運ばれ
そしていつか咲き誇るでしょう

という事で15日は空いているので今度こそゼロ氏に会いたいです。
3月は予定が入ってしまったので。

鶏の事件、結構、大学の近くですね。
恐い世の中です。
でも、相手が鶏なのが田舎っぽいN進市ならではですか。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

禍福は・・縄の如しですよ?(おみ)

 2005-02-11
昨日はゼロ氏に対局してもらいました。とても楽しかったです。最後の最後まで勝てませんでしたけどね。
ただ、本当に終盤力欲しい・・と切に思いました。特に最終局では、逆マジック発動してしまいましたから。あーあ。

あの時計は、寂しがり屋の悪戯っこさんで、たまに針を遅らせて人を困らせるのが好きなのです。特に人がいないこの時期はこの悪戯が多いですねー。直しても駄目な時は駄目なんで、温かく見守ってあげて下さいよ。決して私は悪魔なんかじゃありませんよ、雪女ですけどね。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

……パトラッシュ…僕、もう疲れたよ…(ゼロ)

 2005-02-11
12時頃、藤が丘から、あおい氏へメールしたら「無理ぽ」と返ってきたので、部室でゆっくりしようとコンビ二寄った。

スキップしながら部室行って4年間借りていた次の一手の本を返却。
若干汚れてるが気にするな。

使王氏がいたので僕が先手から4局した。
○ 筋違い向かい飛車×四間飛車●
● 中飛車×三間飛車○
○居飛車穴熊×四間飛車4四銀型●
●中飛車×向かい飛車○
ほっちゃんの歌流してフィールド魔法発動。
対局中に目薬したり、トイレ行ったり、持ち込みチョコ食べたり。
作戦も一局一殺の完全な大会仕様で臨みましたが……。
偶数局はホント負けてた。
特に最終局は笑うしかない。
反撃手段なしの必敗形から入り玉して竜作って馬作って、と金量産して全部換金。

日も落ち暗くなったので、時計を見ると、19:20分くらい。でも使王氏「1時間遅れてるよ、その時計。言わない方が良かったかな」と軽く悪魔なんですけど。

楽しかったですが、かなり疲れました。
僕は頑張って3局指すのが限界っぽいから上に行けないんですかねぇ。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

思えば(ゼロ

 2005-02-11
井ノ川先輩の語った将棋部を勝利者たるA級へ復帰させるというこの偉大な運動に参加して早や4年が過ぎようとしている。特にこれといった目指すものも無かった私が、与えられた目標は世界を革命の渦へと誘う優れた実行力と意志を備える事であった。それは、すなわち旧体制を打ち崩したロベスピエールであり、ナポレオンであった。私はそうあるべく、あらゆる努力をもって個人の向上に努めた。しかし、気付いてみれば革命に必要な総動員に欠くことのできない結束の面においてまったく未熟に過ぎたのである。それは、突然、新しい国家草案を公表し、上意のみで実施するに他ならず、その結果は確実に内部から崩壊するものである。つまり、革命の成功において特に重要な点は同志の深い理解を要するということである。理解が深ければ結束は強固なものとなり互いに向上し合い、弾かれても押し寄せ続ける勢いを生む原動力となるのである。この点において私の、すべてを敵としても世界の勝利者となるべき道を信じ突き進んできたことが核心を突いていなかったことは事実である。しかし、他の向上を望まないことは今まで一度としてなかった。そのために用命があればあらゆる対応を用意していたのだから。だが、私は無理に押し付けることを嫌ったのであり、他も積極的に要求してくる事はなかったのである。この事は確かに残念なことである。もし、これが実現していたならば我々はA級から降級していなかったであろうし、早期に勝利者の階段を駆け上がり、闘争の第2段階へ移行していたであろうから。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

選ぶ道を間違えた(あおい)

 2005-02-11
今日は部室に行くつもりだったのに、ゼロ氏からのメールで目が覚めた。
その時間から行こうとしたら午後3時になってしまうのでもう一眠り。
ゼロ氏と指したかったなあ~。
あ、ゼロ氏が家に呼んでくれさえすれば、いっぱい指せますね?

さすがにもうそろそろ免許をとろうかと。
これで次のゼロ氏とのデートは車で行けますね。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

選ぶ道を間違えたら行きたいところへは行けないよ(葵)

 2005-02-10
けちょんけちょんに泣かしてもらえるのなら本望ですが、
最終的にボクを泣かせるヒトは今の部員ではないでしょうね。

明日ゼロ氏が部室に居るのなら、名古屋にお買い物行くついでに部室まで突撃しましょうかね。

3年間でボクとゼロ氏の対局数が異常に少ないのには理由があります。
決して仲が悪いとかではありません。
むしろゼロ氏は大好きです。同姓なのが残念なくらい(え?
ゼロ氏はボクの事、実は大嫌いかもしれませんが。

ボクは恥ずかしがりやさんなので、自分から中々お誘いする事が出来まず、
悲しい事にゼロ氏から誘われる事もあまりありませんでした。

まあ、ゼロ氏と対局するときは出来るだけいい状態でという気持ちがあったので、
そうじゃない時の方が多いボクは中々声をかけませんでした。

後はゼロ氏との対局は飽きたくないという考えもありました。
ゼロ氏との対局はいつも大会に臨むのと同じくらいの感覚で指せるようにしていたかったんですね。
飽きてくると指し手が適当になってしまうので。

今年度は特にゼロ氏以外の戦力の底上げに力を注いでいたので、ゼロ氏との対局数は更に減りました。

しかし、ゼロ氏と指すのはやはり楽しいと今更気づき、
これならもっともっと指しておけばよかったなあと少し後悔しています。
チームがどうでもいいなら、ゼロ氏とだけ指していればよかったでしょうが、
チームが勝つ事こそが最高の喜びなので、そういうわけにもいきません。

ゼロ氏が卒業してしまうのはホントに残念です。
A級で初めて大将として戦いましたが、結構プレッシャーがかかるものなんですね。
今まではゼロ氏が居るからこそ、ボクも安心して戦えていましたが、
その後ろ盾が無くなり、自分がその立場にならなければならないのは正直不安です。
ボクはスコールやラグナタイプではなくニーダくらいのタイプだと自覚しているので。

それでもやらなければいけないし、安心して卒業してもらうため、明日もう一度その首を獲ってきますか。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

揺るぎない自信と決意(ゼロ)

 2005-02-09
黒い心が顔をあげた瞬間 そこにさえ天使はいる
誰も気が付かないだけ 悪魔が手招くとも
必ずや裁きは来る 正義の名の下に

遥か地獄の彼方まで届け聖なる意志
立ち上がれ 選ばれし者達
恐れを抱くなら力を
迷いがあるなら勇気を
与えよう 正義のために 集え天使たちよ 
私達は正しく等しく裁く 悪も罪も己が迷いも断ち切って

時は来た 裁きの時 舞い降りる天使たち
非情な剣(さばき)を胸に抱き 幾多の犠牲を払うとも
振り下ろす刃が鈍ることはない

まぁね、その内に?けちょんけちょんに泣かしてやりますよ。
他の部員たちがね。( ̄ー ̄ )ニヤリ

10日は部室にちょっと用事が、単に書籍にようですが。
居ますよっほ~
PCの将棋盤では角一枚分くらい力が落ちて困る。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

力を持つ者なら、その力を自覚しろ!(あおい)

 2005-02-09
「アッハッハッハ。ごめんね、強くてさあ!」
ん?このネタはまだダメか。ま、いいか。

種運命OPはちゃんと聞いたらあまりよくないと気づいた。
逆にEDは全部聞くと更にいいと気づいた。
ACEのテーマソング(島谷ひとみ)もCMの部分だけならいいが、全体を通すとダメだと気づいた。
改めてOPには最低評価をつけておきます。

ちょっと忙しいのでこのへんで。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

世代交代(ゼロ)

 2005-02-07
あおい氏と対局。
彼は悪魔の力に手を出した。それはつまり、角を積極的抑止力として第一線に押し上げようとする暴挙である。この実現は、他の一般定跡に対する重大な挑戦であって、巧妙に歪曲し安定した幾多の定跡を否定し、あっさりと単純化してしまう巨大な革命である。
しかし、いかに実現を欲したとしてもそれを拒否しうる可能性は否定されない。もし、彼が今後もそれを望むならば、私は最後の機会としてその拒否される可能性を示すべきであることもまた否定されえないところと考える。
そこで、私は普段は指さない初手2六歩~2五歩から演出を始める事となった。終始思惑通り指しやすく、終盤には右辺の飛車を左辺へ転換し5五の角とで片美濃を頭から攻めたが、錯覚した辺りから難戦に陥り終に私が投了。
結果的に極めて短期間に2連勝し、あおい氏の実家帰りとあって実力の世代交代ということが成立したものと思う。

さて、明日はどうしようか、スクランあるし、愛知に残ってるのは…………無いっぽいかな。
2:30には撤収だな。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

しゃべれなかった男(あおい)

 2005-02-07
ゼロ氏とのデートは2人だけの秘密にしたかったのに。
という事で番外編、ゼロ氏とデート。

土曜日、午前11時20分に名駅集合予定。
が、時間になっても来ない。
30分と間違えてるのかな~と思い、もう少し待ってみることに。
7分過ぎても来ないので、「今どこに居ます?」とメールを送ってみた。
少ししてようやくゼロ氏登場。
どうやら同伴者とはぐれたようだった。
ダメですよ、はぐれないようにちゃんと手を繋いでおかなきゃ。
そして早めの昼食をとるつもりだったが、あまりお腹空いていないとの事。
ボクは朝食べてないので、ゼロ氏だけの意見なら完全無視の予定だった。
しかし、同伴者も食べないでそのまま直行というコースを選んだため、
片膝をついてその言葉に従った。

そして初めて乗るあおなみ線。
そこまで行く通路が狭いので、右側を歩いて行った。
すると直後にゼロ氏が
「制服着ているコの後ろをずっと歩いてたよね」
って、おひ、あなたはボクの事どんな目で見てるんですか?
確かに前に制服来た2人組がいましたが、同じ方向に行くのに後ろを歩くのは何か問題でも?
ゼロ氏がボクの事をどう思っているのかよーくわかりました。
どこかの教授と同じ扱いなんですね。

電車に乗ってからもゼロ氏のイジメは続いた。
「(同伴者と)身長同じくらいだね」
あー、ゼロ氏?
いえ、ナンデモアリマセン。

会場に着いてから、手鏡は使わないようにゼロ氏に厳重に注意し、席を確保。
まだ男子がやっていた。
女子は13時開始予定だったと思うが、20分遅れて開始するというアナウンス。

試合はフルセットまでもつれ、終わったのは15時30分くらい。
ボクは前日の22時から何も食べていないので、相当お腹が空いていた。

で、名駅まで戻って、ご飯食べようかどうかというところ。
ゼロ氏はボクと違い、『夕食』という豪華なものがあるだろうから、ゼロ氏に任せる事にした。
そこでゼロ氏が同伴者に聞いてみると
「そのまま帰りたい」
という答え。
片膝をついてその言葉に従った。

結局、前日食事してから家に帰るまでの18時間、何も飲み食いしない素晴らしい状態だった。

というわけで、ただ単に食事がしたい状態で、他意はありません。
後、『あの人』でも『あの男』でも『あのオヤジ』でもなく『マサト』って。
ボク、昨日下の名前名乗った覚えは無いんですけど?
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

しゃべり過ぎた男(ゼロ)

 2005-02-06
昨日ですか、ええ行ってきましたとも。
あおい氏と妹同伴+オプションコースで。
個人的にもいろいろな話が聞けていろいろな意味で楽しかったですね。

妹達が静かだったからどうかなと心配でしたが、電車酔いでぐったりしていた以外は楽しかったとかで帰宅後よかった所、勉強になった所など笑顔でしゃべりまくってました。
ただ、「マサト」が食事したがってるように見えたらしいです。
どうせ払ってくれるなら、エレベーターで少し上にいって1500円の定食を選べばよかったですかね~

卒業旅行って、人間卒業旅行ですか?
まあ、ドイツのミュンヘンあたりには行ってみたいですけど、荷物に隠れきる自信は無いなぁ。

さて、月曜から4日間で期限ですね。
11:00~を目安に部室に行く予定です。近くに少し用事もありますし。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

種運命のOPを歌っているグループに男は必要か(葵)

 2005-02-06
下の続き

こんな燃える展開の試合を生で観ることができて本当によかったです。
しかもイエローカード、8秒ルールなんて珍しいものを2つも見れるとは。
周りに人が居たから静かにしていたけど、
自宅にてゴールデンとかで観ていたなら思いっきり叫んでいる展開ですね。

ただ、地方大会とはいえ決勝くらい全部放送して欲しい。
バレーの放送でノーカットって中々無いですからね。
フジにはもっともっとバレーを盛り上げていって欲しいです。

そういや、男子バレー、東レが開幕18連勝とかほとんどの人が知らないでしょう。
もっと大きく報道されてもいいようなニュースなのに。
男子は全日本が弱いから仕方ないですけどね。
同じく全日本がそんなに強くないサッカーは親善試合とか意味の分からないものまでテレビ放送あるのに。

まあそんな事よりも代々木に行きたい。
いつか行ってみたいですけど、どうせならゼロ氏、卒業旅行に一緒に行きません?
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

月光花が月光蝶に見える(あおい)

 2005-02-06
昨日は春の高校バレー愛知大会決勝を観てきました。
会場が港区だったので、あおなみ線に初めて乗る事に。
いやーキレイでしたね。無駄に広いし。

さて、岡崎学園と豊橋中央の一戦。
パッと見た感じでは、岡崎は多彩な攻撃を得意としているチームで、
豊橋中央はレフトからの攻撃とサーブを得意としているチームという印象を受けた。

1セット、まずは豊橋中央が25-22で取った。

2セット、豊橋中央はレフトからの攻撃が中々決まらず、サーブもいいのが決まらない。
15-25で岡崎学園が取った。
このセット(3セット目だったかも)で確か豊橋中央にイエローカードが出たのだが、どういう状況だったのかテレビで放送して欲しかった。
おそらく監督が審判に対して抗議した事に対する警告だと思う。
テレビで映すにはふさわしくない教育者の姿だったからな~。

3セット、岡崎学園の勢いは続く。
21-25で岡崎学園が取った。

4セット、後が無い豊橋中央はここまでサーブが不調気味だった4番のサーブがいきなり連続して続く。
その勢いが止まらない豊橋中央が25-14で取った。

最終セット、4セット目の勢いが豊橋中央に残っていたらしく、序盤、いきなり3-0と岡崎を振り切ろうとする。
ここでもちろん岡崎はタイムアウト。
ここで取らなかったら監督の資格は無い。
そこから岡崎も粘り、1点勝負の息詰まる攻防を展開。
9-10と岡崎がリードした時に渡部選手の強烈なアタックで同点に。
更に渡部選手のアタックで再逆転。
ここにきてのエースの活躍は流れを呼び込む。
もう1点渡部選手が決める。
これぞエース。
2点差がついたが、その後、岡崎のコンビで再度同点。
そしてまたまた渡部選手が決めて1点リード。

ついに14-13と豊橋中央がマッチポイントを迎えた。
審判が笛を吹く。サーバーがボールをついている。長い。打つ体制に入った。
打った。と同時に笛が鳴った。
8秒ルール(審判の笛から8秒以内にサーブを打たなければならない。
僕はそんなタメを作ることがなかったので、あまりよく知らないが。)
の反則。監督は抗議するが受け入れられず。
周りの人が監督を抑えていたのが面白かった。
これは岡崎助かった。
しかし、豊橋中央の1年、黒田選手が強烈なアタックを決めて1点リード。
そしてサービスエースで豊橋中央が16-14で取り、代々木行きを決めた。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

スカートの下にジャージはやめましょう(あおい)

 2005-02-05
女子高生観察に行ってきました(違

詳しい事は放送後に書く予定ですが、観に行ってよかったです。
こういう熱い戦いがしたい。

眠いしお腹空いたのでこの辺で。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

今後のために(あおい)

 2005-02-04
今日はレポートの提出日。
が、当然のように何もしていない。
仕方が無い?ので諦め、ゲームでもしようかと思った。
すると、ゼロ氏からメールが来ていた。
簡単に要約すると「部室に来ないか?」という事。
この寒い中、自転車で往復50分もかけるのは嫌なので、バスを使った。

バスが1時間に1本しかなく、午後4時に部室に到着。
その後、ゼロ氏と1局指した。

後手なら、今2人が共通して興味があるであろう戦法をしようと思っていた。
振り駒の結果、狙い通りボクが後手に。

序盤、こちらの望んだ通りの展開になり、指しやすかった。
しかしその後、余計な手を入れて相手を助けてしまう。
終始優勢でコトを進めていたと思うが、秒読みに入っておかしくなり、お互い入玉模様に。
しかし最後は華麗な飛車捨てから相手玉を詰ませて勝ち。

頂上対決はこの1局のみ。もっと指したかったな~。
続きはゼロ氏の家でですね。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

雪や♪雪やで♪雪でっせ♪(ゼロ)

 2005-02-02
どうしてくれようこの雪希。
学校行こうとチャリで出ると横滑り。
また足を負傷する恐怖にブルって撤収。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
でも、昼には溶けちゃったけどね。

風邪かな、花粉症かな、花がノドがよりひどいでツ。(´・ω・`)
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

侵し掠めること火の如く(あおい)

 2005-02-02
彼って誰でしょうか?見当がつきません。
ちなみに昨日は優先順位が低いものから順に並べてみました。
デート♪デート♪ゼロ氏とデート♪
あ、あと一つ約束事は
「おやつは500円まで。ただし、妹が作ったものはそれに含まれない」
という事で。

ではでは、ここで1曲。

卒業しても一緒だと
優しい目、微笑

ごめんね背伸びしてる
風景 涙でにじんでく

勇気出せたなら
すぐ抱きしめ
離さないで
伝えられるはず、この想いを

「もう1年どうですか?ゼロ氏」

最近自分のキャラがわからなくなりつつあります・・・

今日こそは部室に行くぞと言ってみる。
昨日はネット対局とかいろいろあったんで。
そのネット対局、中々やったと自分で自分を褒めたかったが、
最後の最後で逃げ間違えて詰まされた。
実戦不足は否めないが、ゼロ氏の家に泊まりこみで合宿する事によって改善されるだろう。

ん?今日はCDがいろいろ発売される日?
なら買うしかないじゃないか!
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

動かざること山の如し(ゼロ)

 2005-02-01
彼には虚言癖があり証言の信憑性に乏しく、また精神的に病んでいるふしが診られるので精神鑑定を申請致します。

体調がすぐれぬゆえ休養。
必要書類に目を通して後は、妹と二人でコタツムリの巻き。
今日の運勢も下位にランクされ凹み。「霊的保護を感じて吉に転ず」は納得できかねる。
明日は行く予定のつもりの未定みたいな。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

これもシナリオの内(あおい)

 2005-02-01
了解ってどこまでですか?
デート費用はそちら持ちまで?
前日にお泊りまで?
妹持参まで?
ならゼロ氏をどうやって戦闘不能にするか・・・・・・なんて考えてませんよ、ええ。
家に半年くらい使われていない包○があるなとか。

パワプロ9日記

ペナント開始。
コンピュータの強さをパワフルにしても勝てるけれど、派手に打ちまくれないので普通で。
ストレート1本に絞って打ちまくり。
「見ろ!投手がゴミのようだ!」
ちょっと打ち疲れました。
目も疲れました。
ゲームは1日8時間まで。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

運も実力の内(ゼロ)

 2005-02-01
そのほう4日までなら居ると偽りを申したこと真に以って不届きなり。よって小普請組み入りを申し付けるものなり。
しかしながら、明言に感動した。了解。

今後の日程を学校まで確認に行った。
部室にいくと、使王氏がいたので3局した。
○4六銀急戦×3二銀型四間飛車●
●四間飛車×右四間飛車○
○ミレニアム×4枚美濃四間飛車●
第一局は、早くに△3三角と上がってきたので何となく急戦した。
第二局は、何となく飛車も回らずに▲4五歩と仕掛けてみた。
第三局は、後手が3二銀型でずっといるので、角交換を狙ったら防がれたので、都合上ミレニアムになった。

帰りは9:00だったが寒すぎる。明日はスクランがあるので、隊長と相談する。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫