交流戦(M)

 2007-03-29
交流戦行ってきました。

どのぐらい人数集まるかなと考えていたが、思ったより各大学の方が来ていました。
対局は6、7局行って勝率5割程度。自分の実力の割には良い方だろう。
また、ここで初めて会話した方も多く、色々と刺激になった。

この時期はあまり大会などに出ないため、久しぶりの実戦で楽しい1日であった。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

たぶん最後の日記(タタタタタ)

 2007-03-29
今日は交流戦に参加、学生生活最後のサークル活動になる。
朝、のほほんと朝食を食べていたら時間が過ぎていた。
1本遅い電車に乗ることに、Mとの集合時間に遅れる。

会場にはほぼ参加者が揃っていた模様、若干名少し後に到着。
30秒将棋で総当り戦を行う(結局総当りにはならなかったが)。

お試し期間中の向かい飛車を連続採用。
30秒ということもあり序盤は無難に進むが、中盤以降はチャンスロスや自爆が多発。

1局目は思考がフリーズして時間切れ。
2、3局目は中押し負け。
4局目は有利だと思ったらポカで帳消し、終盤でチャンスが見えたが活かしきれずに終わる。
5局目は相手がチャンスを逃したので優勢になる。
終盤で自玉の王手に気づかず危うく相手玉に王手をかけるところであった。
●がズラ~と並ぶ。

昼あたりから眼が乾き始めショボショボする。

対局したり、雑談したりと第1回目としてはいい出来だろうか。
今後続けることができるかがポイントだろう。
それはそうと他の方々はよく名前を覚えているもんだと感心。
自分は自己紹介後すでに名前を忘れてしまった。
ちなみにM君は部員の名前すら忘れ始めている。

今月中に将棋ネタはもう発生しないと思うので、私はこの日記をもう書きません。
後輩共、ちゃんと日記書けよ。

では、さらば。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

私の運転は荒いほうです(タタタタタ)

 2007-03-27
今日はちょっとしたことで部室に寄る。
借りていた『最前線2』と詰め将棋本を返却。
たまたま部室に人間がいたので対局する。最近はネット将棋と激指ばかりなので人間と向かい合って勝負するのは久々だ。

2局指す。
1局目は居飛穴vs向い飛車穴熊(私)。
あまり穴熊を使わないので感覚がよくつかめない。
堅そうなのにあっという間に崩壊するし、崩壊したかと思ったら王手がかからず勝ちきれたり、よくわからない。

2局目は向い飛車(私)vs45歩早仕掛け。
向い飛車から四間飛車に移動して手損したがさせないことはない印象を受ける。

なかなか飛車先を早い段階で突いてくれないので四間飛車ばかり指していたが、今日は向い飛車の良い試しになった。
それにしても振り飛車vs居飛車の形は戦いやすい。
相振りは今だに戦い方が良く分からない。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

卒業式(タタタタタ)

 2007-03-16
15日(木)に卒業式が行われる。

私の学部は11時半から卒業式がはじまるが、ゼミの先生に渡す色紙を完成させるため10時に大学に着く。
久々にラッシュの電車に乗ったので疲れる。

卒業式後にシマ氏、飛車氏と合流。
1局くらい指してもよかったが、学科の人とも話したかったので結局指さず。
「4年間ご苦労様でした」と3人の口から同じ言葉が出てきたが、本当にその通りだ。
よく途中で消えなかったものだ。
多くを語らず、一言二言で会話が終了。
三人の会話時間は5分もかかってないかな?
ダラダラせず、すっきりと解散できたのでいい別れ方ではないかと思う。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

こんな本が・・・(タタタタタ)

 2007-03-05
『杉本昌隆の振り飛車破り』という本が先月出版されたようです。
これが目に入った時、自分の目を疑いました。
なんだ?この矛盾したタイトルは・・・。
たぶん見間違いだろう。
振り飛車で何かを破るか、相振り破り(←この表現どう?)だろうとタイトルを見直したが、やっぱり『振り飛車破り』・・・。
非常に内容が気になる。
ただ、暇とはいえ勤務中、立ち読みはよろしくない。
次の勤務前に立ち読みでもするか。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫