スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

この15年を振り返って (平成15年度)

 2016-12-30
平成15年(2003年)度
入部 K佐、Y田、F橋、I月、H田
大会参加者
K井、K野、S井、K村、Y田(あおい)、K佐、Y田、F橋、I月

この年は15年間で3、4番目くらいに戦力が充実していた年で、2人目の女子部員も入りました。

春個人は2名が予選突破、秋個人は3名が予選突破。
中部十傑戦はY田が6位。
新人戦はF橋、I月の2名が参加して相手にも恵まれず1回戦負け。
西日本大会女流戦、学生女流名人戦には1名参加。
もう一人は大学から将棋を始めたため、まだまだ実力不足という事で見送り。
西日本では念願の女流戦初勝利を収めました。


団体戦は昇級まで本当に後一歩でした。

団体戦参加大学は平成14年秋と同じで
名古屋大学
三重大学
中部大学
静岡大学
名城大学
愛知工業大学

名古屋市立大学
名古屋大学B
愛知学院大学
滋賀大学
岐阜大学
名古屋工業大学

春は
初戦の名古屋工業大学に全力オーダーで5-0勝ちし、2戦目の滋賀大学に3-2勝ちして迎えた名古屋大学B戦。
両エースが負けてしまい1-4負け。
オーダーはhttp://www.geocities.jp/aigakusyo_gi/H15/harudantai.html
名古屋大学Bと名古屋市立大学のオーダーは逆にすべきでしたね。
S井の勝つ確率をもっと上げるべきでした。
実は2日目遅刻した人がいまして、名古屋市立大学戦のオーダー進言できなかったんですよね。
はい、すいませんでした。
5戦目は大会で一度も指した事がない(その後もない)戦法を選択した馬鹿が四将にいて2-3負け。
消化試合と手抜きしすぎていました。
しかし、初戦の5-0が大きく、勝ち数で3位になって平成14年秋に続き入れ替え戦に突入しました(優勝した名古屋大学Bは昇級には関係ないため)。
愛知工業大学との入れ替え戦は・・・2-3負け。
K井、K村、S井、Y田(あおい)、K野というオーダーでY田が相手のエースと当たってしまい負けたのが痛かったです。
まさかエースが四将に来るとは思わないじゃないですか。
前回同様、入れ替え戦の難しさを痛感しました。

秋は
初戦の岐阜大学戦に4-1、2戦目の名古屋工業大学に3-2、鬼門の名古屋大学B戦に3-2で次の静岡大学戦に勝てばほぼ昇級決定という所まできました。
その静岡大学戦はお互いのエースに当て馬が当たり、自分にも当て馬されました。
http://www.geocities.jp/aigakusyo_gi/H15/akidantai.html
両エースが勝って四将も有利な局面だったので、これは3-2勝ちだろうと思って休んでいたらまさかの負けで2-3。
次の試合に勝てば昇級でしたが、冷静な判断力を失ってオーダー負けし、自分も長手数の詰みを逃して負けて1-4。
入れ替え戦にもいけない3位でした。
今考えると名古屋工業大学戦はS井、K井、K野、Y田(あおい)、Y田で5-0勝ちを狙うべきでしたし、滋賀大学戦はF橋、S井、K井、K野、Y田(あおい)とすべきでした。
滋賀大学戦は両エースが勝てば、最低でも入れ替え戦はいけるという守りの考えになってしまっていました。しかも片方が負けるという。
もっと強気にいくべきでした。


大会以外では、この年に学内合宿を始めました。
OBの方や自分の知り合い等を招いて規模の大きい合宿をしたり、普段の活動の延長みたいな合宿を行って部費を増やしました。
スポンサーサイト

この15年を振り返って (平成14年度)

 2016-12-23
平成14年(2002年)度

入部 Y田(あおい)、N島
大会参加者
K井、K野、S井、K村、Y田、N島

この年は愛学将棋部にとって重要な人物Y田が入部しました。
この人がいなかったら愛学将棋部は終わっていたでしょう(嘘です)。

個人成績が15年間の中で一番良かったのはこの年ですかね。
もちろん、平成7年に春個人優勝したのに比べれば数段劣るでしょうが。

春個人戦ではS井がくじ運も味方につけてベスト8。
中部十傑戦ではY田が4位。
新人戦はK村、Y田、N島の3名が参加してY田が4位。
今と違って予選なし一発勝負だったので、くじ運にも恵まれていました。
学生女流名人戦にも参加しました。
確か平成15年くらいまでは秒読みを腕時計を見て人がやっていたので、観戦に行ってその経験もさせてもらいました。


団体戦では後1人が勝てたらという試合が多かったです。

団体戦参加大学は
春は
名古屋大学
名城大学
中部大学
愛知工業大学
三重大学
岐阜大学

名古屋市立大学
静岡大学
名古屋大学B
愛知学院大学

秋に
滋賀大学
名古屋工業大学
が参加しました。

春団体では5人での参加でB級4チーム中4位。
残念な結果ではありましたが、この結果がある男の闘志に火をつけました。

秋団体戦では名古屋大学B戦に3-2、岐阜大学戦に3-2で迎えた愛知工業大学戦、2連勝同士の対決を2-3で落とし、続く滋賀大学戦も2-3で落として優勝がなくなりました。
最後の名古屋工業大学戦を4-1で勝って6チーム中3位になり、A級5位の名城大学と入れ替え戦を行いました(優勝した名古屋大学Bは昇級には関係ないため)。
結果は1-4で、A級大学との力の差を見せつけられる結果に。
入れ替え戦のオーダーはS井、K村、Y田、K野、K井だったと思いますが、副将で当て馬に成功したので、戦型の相性を考えると大将と三将が逆だったならなぁと今思います。



週1くらいで更新していこうと思います。
ある程度のストックはあるので、途中で途切れる事はないでしょう。
後半になればなるほど情報の精度が低くなり、内容も薄くなるので、情報お待ちしています。

平成28年大会結果更新 あおい@OB

 2016-12-11
平成28年春団体、秋団体の結果を更新しました。
見てもらえばわかる通り、春は不参加、秋は参加したものの4人での参加だったようです。
秋の岐阜薬科大学は対戦結果を反映しないという事みたいなので、とりあえず空白にしてあります。
中部学生将棋連盟の結果を見ると愛学戦が0-4とか訳のわからない(1-4か0.5-4.5ならわかる)事になっているので、事情を分かる方か現役は教えてもらえるとありがたいです。


ちなみにHP開設して15年目に突入しました。
時間がある時にこの15年間の愛学将棋部を振り返っていきたいと思います。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。