使い切り予算(太郎)

 2006-01-21
部費の使用期間の締め切りが間近である。
単一年度内に割り当てられた予算を使い切らねばならず、余ったら翌年度の部費が減額になる、まさに行政機関の如く。
翌年度に繰越しができないことが不満であり、疑問である。
まぁ、行政機関と似たような理由で繰越しができないのだと思う。

ただ、今回の問題は使い切らねばならない部費の残金が「予想以上に多かった、かつ、締め切り期限がすぐそこ」である。
将棋関連の本はかなり購入したし、注文すると時間切れ。
将棋関連用品は近辺では販売してないし、ネット販売は信用してないので手詰まり状態。
部室のカーテンと新しい座布団を購入し、結構使ったが、まだ残ってる。
ふと『座椅子(旅館にあるような木製のL字のあれ)ほしいなぁ』と思った。
畳の部室に合うのでいいかなと思ったが、他の部員から野次が飛んできそうだ。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫