囲碁で単位かぁ~(太郎)

 2005-11-10
 昨日の夕刊を読んでいたら、関東の某大学が囲碁の授業で単位がもらえるという記事があった。最近の学生は基礎に基づいて論理的に考える力が低下しているようで、囲碁を学ぶ効用に期待しているそうです。
 その効用は?というと 1基本を理解し、練磨し、工夫する 2正しい大局観と正しい局所的判断の両立 3先を読む 4見ているのに見えていないことの自覚 5欲張ると破綻することを知る の5つ。

 上記の効用があるならば、いや、あるのだから義務教育過程でも取り入れて欲しいです。総合学習が話題・問題になってますが、その時間に囲碁・将棋などを取り入れてもらいたいものです。総合学習もそれなりに機能しているとは思いますが、パソコンで遊ぶくらいなら囲碁・将棋にして欲しい。ネチケットなどの基礎を徹底的に叩き込んで、HPを作成し情報発信レベルまで育てるなら問題ない(情報発信は最近の事件で少し?まぁネチケットがないだけか)が、絵を描くだけ、インターネットで検索できる程度なら、囲碁・将棋をやって欲しい。

 ちょっと話題がマンネリ化してきたから少し変えてみました。自分の考えを書くと長文になるし、削ると誤解しやすい文になるし、難しいですね。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫