初の惨敗(太郎)

 2005-10-24
 本日の活動には中級一年生と飛車氏と顧問の三名が参加していた。私が行った頃には一年生と飛車氏が駒落ち対局の感想戦中。無図解しい局面であった。ここで互角に戦うことができれば実力がついてきていると実感できるはずだ。しかし、実際は指せなかったようだ。
 飛車氏が席をはずしたので先日の宣言通り対局数をこなすために2面ざしを敢行。両方とも形勢が不利となり、ダブルで秒読み。一年生との対局は終盤で攻めの要である馬を無料でとられ敗北。もう一方の対局も大差から盛り返したが攻めが届かず中押し負け。天守閣美濃は自分が指すと薄いのに、こっちが攻めると堅いのが不思議だ。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫