マグレを実力に(あおい)

 2005-05-10
1年生と亀天氏に団体戦の棋譜をある程度並べてもらいました。
1年生は名大B戦以外、序盤が苦しいのが多かったみたいです。
勝負手の連発に相手が間違えてくれたのが大きかったですね。

亀天氏は秒読みになってからの終盤がヒドイ。
静大戦なんかは観戦していて1手詰めを逃した時は後ろから刺し・・・・・・・・・。
それでも勝ったからいいようなものの、中盤もヒドくてホント相手に助けられました。

1番のポイントはやはり浜松医科大戦ですね。
浜松医科大戦は諦めてたのを勝ったからボクのやる気が飛躍的に上昇したし。
逆に優勝決定を決めた静大戦は僕の相手も1年生の相手も指し手に粘りが無く、
気合を入れた割には拍子抜け。
亀天氏や1年生がもし負けてあんな指し方をしてたら説教部屋行きです。
下3人はなんとしても勝たなければというのは言ってあったので、
たとえ大差の局面になっても諦めるような事があれば往復ビンタくらいでは済みません。
だからこそ静大戦は気持ちの差がハッキリと出た結果なんでしょうね。

そういうボクも昨年度のA級団体戦2日目はヒドかったんで、自分で自分に説教の必要ありでした。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫