団体戦2日目、勝利は私のためにある(あおい)

 2005-05-05
今日は飛車氏が参加出来ない(万博行くとか言いよった)ので、かなり厳しい戦いになった。

まず、岐阜大戦。
個人的には相手のエースと戦いたかったが、
飛車氏が居ない以上、ボクが100%勝たなくてはならない。
チーム事情で相手のエースに当て馬を使った。
ボクの将棋は相振りから馬を作って圧勝。
三将はやはり負けてしまった。
四将が思ったよりも苦戦していたので、大将戦が鍵になる。
その大将戦は相手のミスもあって、ちょっと終盤もたついても勝つ事が出来た。
五将も勝ってチームの勝ちは確定したが、出来れば四将も勝って欲しいところ。
よく見ていなかったが、最後はなんとか詰ませて勝ち。
これで4ー1勝ち。

最終戦は静岡大学戦。
浜松医科大が4人しか来ていないので、
4ー1で勝って勝ち数が並んでも直接対決を制した愛学が上に。
3ー2で勝てば優勝である。
逆に静岡大は4ー1で勝たないと上記の場合、即昇級はない。

飛車氏がいないので少し不利だが、下3人で勝ちに行った。
ボクの相手はゼロ氏最後の個人戦で本戦出場を阻んだ人。
仇討ちもかけて臨んだ。
ボクの将棋は相振りから5六に角を打ち、相手のミスも手伝って快勝。
こちらの消費時間4分。速攻で勝ちを決めた。
ゼロ氏が負けたのはやはり意外。あまりやらない相振りなんかしたからですよー。

早々と勝ちを決めたものの他の将棋が恐くて見ていられない。
外で待っていたら1年生が勝利報告に来た。
まだまだ長引きそうな将棋だと思っていたが、これでリーチ。
2ー1で五将が残った。
やはり恐くて見ていられなかったが、最後だけ見に行った。
入玉されそうな感じだったが、キッチリ討ち取って勝ち。
これでB級優勝が決まった。
最初の名大B戦で勝っておけばもっと楽だったが、優勝出来たのでOK。
今回は収穫が多かった。
1年生が期待通りの活躍。
最終戦に弱いボクの勝ち。
団体戦初勝利した子。
ボク抜きでの浜松医科大戦勝利。

とりあえず今日はお疲れさまでした。
ボクをA級に連れてってくれてありがとうございます。
皆さん、ゆっくり休んでください。
ボクももう限界です。携帯から書いてますが、帰ったら寝ます。
疲れた。
結果↓
A級 http://www.geocities.jp/aigakusyo_gi/2005harudantaiA.html
B級 http://www.geocities.jp/aigakusyo_gi/2005harudantaiB.html
個人成績 http://www.geocities.jp/aigakusyo_gi/2005harudantai.html
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫