疲れたもう嫌お腹空いた助けて(あおい)

 2005-05-01
個人戦、愛学からはボクと亀天氏、1年生の3人が参加した。
クジを引いた結果、いつものような鬼ブロックに入らずにすんで安心した。
3人の中では亀天氏が1番きつそうなブロックという印象。
ボクはまず、名大の森氏?と対戦することになった。
いつもの戦法から相手が受けに回ったのに対し、ボクが無理矢理攻めて切れ模様になった。
挽回するところもなくそのまま押し切られた。
2回戦は愛工の秋山氏と。
序盤で馬を作ったので楽観し、のらりくらり攻めていたら
いつのまにかこちらが相当悪くなってしまった。
それでも相手のミスに付け込み、入玉含みで戦ってなんとか逆転。
これで1勝1敗。次は1回戦と同じ人が相手。
もう予選突破出来なくていいやという気持ちで、
最強?の戦法、筋違い角を放つ。
これが功を奏したのか、序盤からリードを奪い、
終盤少しミスが出たものの1回も王手をかけられる事無く終局した。
これで久しぶりの予選突破。
他の人はというと、1年生が比較的楽なブロックとはいえ、2連勝でいち早く予選突破を決めた。
また、亀天氏は名大の桜井氏、名城の松本氏といった中々厳しいブロックに入ったが、
1勝後、松本氏に何故か勝って予選突破を決めた。
参加者3人が全員予選突破は中々いい感じです。
そして、ベスト32で1年生は名大の高村氏と亀天氏は名工の山田氏と
ボクは名大の1年、岩田氏と当たった。
いつもの戦法から、早く帰りたいという気持ちが先行し、
いつもならしないような無理矢理過ぎる攻めを展開してしまった。
ただ、中盤過ぎは盛り返した感じがしたので
ちょっとマジメに考えようとしたが、それが逆に失敗。
受けが難しい形に追い込まれてしまった。
そのまま押し切られて負け。
他の人も負けて、ベスト32が3人という結果に終わった。
ただ、団体戦B級の大学の中で予選突破したのは4人しかいなかったので、
その内の3人を占めたのは嬉しい事である。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫