俺のこの手が真っ赤に燃える(あおい)

 2005-04-15
授業ないのに大学行って部室でゲームも何だから貼り紙だけして囲碁部へ行こうと移動。
行ったらとりあえず先生だけ。
少し話をしていたら1人やって来た。
将棋部の部室に貼ってあった囲碁部のポスターを見て来たようだ。
実力は自称三段(ボクは弱いのでホントかどうかわからない)。
先生と対局を始めた。
ボクは後からやってきた有望株と将棋の対局。
一局目は慣れない戦法を使いボロ負け。
やはり手を抜いて勝てる相手ではない。
次はホンキモードで対局。
最初は良かったが、終盤は負けていた。
それでも経験の差と気迫で押し切った。
純粋な力ではゼロ氏より上かもしれない。他の部員ではほとんど勝てないだろう。
世代交代も近い。嬉しい事だ。

その後は中国からの留学生である女性と囲碁。
まだまだ初心者(ボクも初心者)みたいで大差で勝ってしまった。
次はこのボクが4子のハンデを背負って対局した。
中盤あたり(どこが中盤?)では負けていたはずだが、相手のミスをイヤラシクつついてボクの五目くらい勝ち。
囲碁部も将棋部ももっと部員が増える事を祈る。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫