世代交代(ゼロ)

 2005-02-07
あおい氏と対局。
彼は悪魔の力に手を出した。それはつまり、角を積極的抑止力として第一線に押し上げようとする暴挙である。この実現は、他の一般定跡に対する重大な挑戦であって、巧妙に歪曲し安定した幾多の定跡を否定し、あっさりと単純化してしまう巨大な革命である。
しかし、いかに実現を欲したとしてもそれを拒否しうる可能性は否定されない。もし、彼が今後もそれを望むならば、私は最後の機会としてその拒否される可能性を示すべきであることもまた否定されえないところと考える。
そこで、私は普段は指さない初手2六歩~2五歩から演出を始める事となった。終始思惑通り指しやすく、終盤には右辺の飛車を左辺へ転換し5五の角とで片美濃を頭から攻めたが、錯覚した辺りから難戦に陥り終に私が投了。
結果的に極めて短期間に2連勝し、あおい氏の実家帰りとあって実力の世代交代ということが成立したものと思う。

さて、明日はどうしようか、スクランあるし、愛知に残ってるのは…………無いっぽいかな。
2:30には撤収だな。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫