個人戦1(あおい)

 2004-11-07
昨日の続き。
H16春、予選二回戦、勝ったとはいえ、H16準新人王、かなりの鬼ブロックだったんですね。

さて今日は個人戦、愛学からは7人参加しました。

まずはボク、予選一回戦は名大の村上氏と。
彼は去年の団体戦でK氏を葬っているので、愛するK氏のためにもリベンジしておきたいところ。

相手が先手で初手▲3六歩。いきなり変なの来ましたけど。
△3四歩、▲3八飛、△3二飛と何故か三間に振ってみた。
K氏のリベンジなので、K氏らしく守りの金をも攻めに使おうとする。
K氏銀の銀が1枚、金に代わったバージョンである。この金がまったく働かなかった。
序盤はK氏並に悪かったが、K氏のように強気に指し続けると雲行きが怪しくなり、
最後は相手が秒読みの中、詰めろに対して受けてしまい、
(詰めろをかけたがこちらが実は詰んでいた)
その手が受けになっておらず、11手で詰んでしまった。
この時はK氏の魂が乗り移っていました、ええ。

二回戦は桜井氏(名大)と。
彼は新人戦三位、中部十傑戦五位、また、春の団体戦で三重大の竹内氏に勝っているという強者である。
将棋は特にいいところがなく、途中で投了。
相手は投了は早すぎると言っていたが、団体戦ならともかく、
個人戦、しかもまだ次もあるので、攻め受けともに見込みが無い時点の投了は妥当だったと思う。

三回戦はまた村上氏と。
今度も後手だったので、何で来るか楽しみだったが、普通に▲7六歩。
その後、相手が角道をとめたので△3三角としたが、相手は▲4八銀。
そしてここから普段指さない中飛車にしてしまった。
勝つ意思が感じられない展開だ。団体戦ではこんな事はしないので許してください。
普通に負けてしまった。
またも予選敗退。
負けた将棋は両方とも時間がかなり残っていたようなので、
もう少し考えて指す事を心がけます。

他は飛車氏が鬼ブロックに入り二敗敗退。
Tony binn氏が二敗敗退。
使王氏が二敗敗退。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫